弱虫ペダルログ置き場
新開×今泉
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10  11 12 13 14 15 16 17 18 19 20  21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  31 32 33 34 35 36 37 38

漫画 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10  11 12 13 14 15 16

小説 1 2

兄今
絵小説 1 2
御堂筋×今泉
1 2 3 4 5 6

漫画 1 2 3 4

金今
1

鳴今
1 2
荒今 絵小説 1 2 3 4

荒東
1 2

その他色々 絵 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 『君に恋した』(1) (2) (完)
デュラララ!!ログ置き場
シズイザ 小説 『部屋から出たくない』 ※R18 『人目』 『惚れた弱み』 『待ち合わせ』 漫画  絵  (ツガサイ) (ドタロチ要素) ドタイザ 漫画 ミカイザ 小説 『触れてはいけない』シズイザ要素 漫画 ドタろち 小説 『身代わり』 シズろち要素 『週末の恋人』 ドタイザ要素 『謝恩』 『分かりやすい男』 ドタイザ要素 『最後の人』※R18 『見えない明日(1) (2) (完)』 『俺の気も知らないで』 『この盃を受けてくれ』※R18 『二通りの関係』シズイザ要素 『過ぎ行く海岸線(1) (2) (3) (完)』 『恋の撮影現場』(前) (後) 漫画     6 絵         10 11
四木ろち 漫画 11 小説 『ファーストクリスマス』 『アフタークリスマス』 ※R18 『新年早々』 『不意打ち』 『知るも知らぬも地獄の沙汰 正ろち 絵  5 6 漫画  小説 『2回目の許諾』※R18 その他  To羅丸
ホワイトデーも過ぎたというのに、バレンタインの小説です。


-------------------


『あと一歩踏み込んで』



東堂と新開は部活校帰りに、とある百貨店に来ていた。
百貨店と言っても建物は小さく、平日の閉店間際と言う事もあって、人はほとんど居ない。
その店の中のちょっとした広場に、バレンタインフェア開催、と書かれた大型ポスターが天吊りされている。

可愛く女性的に展示されている商品を見ながら、東堂は背後に居た新開に感心して声を掛けた。

「お前に聞いて正解だったよ、隼人」

と言うのも、バレンタイン用のチョコを買いたい気持ちはあったが、女性客に混ざって買うのも気が引けるし、休日は自転車尽くめで店を見に行く時間もない。
そこでいつも甘い物を好んで食べている新開なら詳しいのではないかと聞いてみた所、連れて来られたのがこの店だった。
新開はウィンクをして、小首を傾げる。
「だろう?寂れて人も居ないし、フェアの規模も小さいしな」
種類はそう多く置いていないからこそ、女性客は買うならもっと都会の方へ流れるのだろう。
東堂は安心して、ディスプレイされているチョコを眺め始めた。
「ううむ、あまりよく分からないな。どう言うのがいいんだ?」
「どうだろうな。好みだと思うが。靖友は甘いものは苦手だったか」
その言葉に、東堂は半眼になりながらじろりと目線だけ向ける。
「まだ荒北に渡すだなんて、一言も言っていない」
「そうか、違ったのか」
なら巻ちゃんに友チョコか?と付け加えるように言うと、東堂は観念したように首を振って息を吐き出す。
「・・・いや、察しの通りなんだがな。男同士でバレンタインと言うのもおかしいだろうが」
「そう?俺は今泉クンにあげるけどね。まぁ勿論、もらう気でもあるけど」
そう言って新開はガラスケースの上に並んだ色取り取りのお菓子を眺めて、その中からウサギの形をしたチョコを手に取った。
東堂がまだ決めかねていると、チョコを購入し終わった新開が隣に並んで来る。
「でもさ、そんなんでよく渡そうって気になったよな」
「どう言う事だ?」
「『荒北に渡すだなんて言ってない』、とか言ってさ。こう言うのって好きだからあげるもんじゃないのか?」
「それはそうかもしれんが、お前達ほどカンタンじゃないのだよ」
新開と今泉は、バカが付くほどのラブラブっぷりで、喧嘩をする事があっても、所詮は痴話喧嘩の範囲だ。
授業の合間のメールのやり取りや、部活が無い日の休日の話を聞くだけでも、この二人がいかにベッタリなのかがよく分かる。
対して荒北と東堂は、別に付き合っているとも言えない関係だ。
ある日突然キスをされて、あヤベェうっかり、と声を上げた荒北に、「そう言えば2年前から好きなんだヨ」とまるで後付けのように言われただけだった。
何かを言う前に、アー悪ィ悪ィと言いながら部屋を出て行ってしまった荒北に、かける言葉が見当たらなかったのはもう半年も前だ。
告白をされていない以上断ると言う事も出来ず、かと言って迷惑だと突っぱねるほど、迷惑だと思っていないのも事実だった。

「靖友、バレンタインなんて気にしないと思うよ。スルーしてもいいんじゃないか」
「それはならん!」
新開の提案に、きっぱりと否定の意を表す。

「バレンタインと聞いて、真っ先に荒北の事を思い出してしまった以上、スルーは出来ない」

新開は一度目を開いた後、棚の上で頬杖をついて

「ならもう付き合えばいいのに」

と、他人事のように吐き出した。




◇◆◇◆◇



「んア?」
荒北が食堂で夕飯を済ませて、寮の部屋に戻ると、自分の机の上にあった小さな包み箱を発見した。
手に取ってみると、どうやらお菓子の類である事は分かった。
卓上にあるカレンダーに目線を向けてから、ベッドで雑誌を読みふけっている、同室の東堂に声を掛けた。

「ナンだ、こりゃあヨ」
東堂は胸元の下に敷いたクッションに顎を埋め、雑誌をめくりながら、顔も上げずに答える。
「チョコに決まってるだろう」
荒北はふーん、と言って、その小包を手の中で回転させて眺める。
落ち着いた色のワインレッドで包装され、金色のリボンが巻かれていて、大人っぽい雰囲気のラッピングだ。
荒北はそれを手にしたままベッドに近寄って腰を落とす。

「何チョコだヨ。友チョコにしちゃ気合が入りすぎてねぇかァ?」
「・・・好きに受け取ってもらって構わんよ」

荒北はそのセリフを受け取って、少しの間何かを考えるように、手の中のチョコを弄る。
そしてベッドに片膝だけ乗り上げると、東堂の肩を掴む。
唇が重なった。
ほんの一瞬の出来事だった。

「ありがとヨ」

そう言って口端を上げて笑った荒北に、東堂は驚いてすぐに言葉が出なかった。
「・・・っ、な、何をするんだ突然!」
「好きに受け取った結果だぜ?」

人の悪そうな不敵な笑みを浮かべて、荒北は背中を向けた。
東堂にとってはその方が都合が良かったかもしれない。
赤くなった顔を、この男には見られたくなかったからだ。

弱い部分はさらけ出せない。

この様子では当分、荒北と東堂の関係は平行線を辿りそうだった。



◇◆◇◆◇



次の日、荒北が部活に向かう前に東堂と新開を拾って行こうと、二つ隣の教室に足を運んだ。
いつものように席で話をしている新開と東堂だが、新開の表情が何やら険しい。

昨日はバレンタインだったのだから、新開の"今泉クン話"で盛大に惚気ているのかと思っていたので意外だった。
荒北は二人に近寄り首を傾げて、新開に尋ねる。

「ンだよ、辛気くせぇ顔しやがって。チョコもらえなかったのかァ?」
「ああ、靖友。いや、一応もらうにはもらえたんだがよ」
「聞いてやってくれ、荒北。コイツの昨日の話を」
東堂は今にも噴き出しそうな表情を浮かべている。
「今泉クンね、完全に忘れてたんだよね。と言うかそもそももらう物であって、あげる物じゃないって思ってたみたいでさ」
それは男なのだからしょうがないとも言えるだろう。
「俺が渡したら、ちょっとびっくりしてたよ。今泉クンからはないのかなって軽く聞いたらさ」
新開の口角が自嘲気味に上がる。
「その女の子からもらったチョコを、これ要ります?とか渡してきたんだよね」
思わずうわァ・・・と、荒北は引きつった笑みを浮かべた。
東堂がそれは結局もらったのか?と言う質問に、新開は眉根を寄せて答える。
「いや、もらわなかったよ!もらえるワケないだろ」
「だよなァ」
今泉にそれは受け取れない旨を伝えると、そうですかと言って近くのコンビニに行き、チョコを買って渡してきたのだ。

「まあ、いいんだけどね。来週ちゃんと用意しておきますって言ってくれたから」
そうは言いつつも、新開の窓に向けた半眼の目線が戻ってこない。
そしてふと思い出したように、頬杖をついたまま新開がぼそっと呟く。

「そう言えばクリスマスも、24日に誘われたから当然デートかと思ったら、まさかのレース参加だったしね」

冬にレースなんかやるなよ。寒いからぁ、と続けて愚痴る新開に、

お前はお前で大変なんだな、と荒北は同情して肩を叩いた。





<END>

2012.02.17
荒東絵
2/3の荒東の日に間に合わせたくて、物凄く急いで描きました。
もっとちゃんと描きたかった・・・。


24806545_20120209102227.jpg



荒新は間に合わなかったです。
2/17の5時に荒今を上げたいと思ってますが、5時なんて起きれないですよね^O^;

荒東&新今の組み合わせが大好きで、
新今がラブラブバカップルのあほの子二人で、荒東の二人の関係は若干気まずく常識人って言うのが萌えます。
荒東はまだ付き合ってないのが好きです。
新今がイチャイチャしてるのを見て、荒東が
「チッ、うっぜ。路上でイチャイチャしてんじゃねぇヨ。バカップルがァ」
「仲がよくて何よりではないか。羨ましく思うぞ」
それを聞いて荒北さんがさりげなく手を出したら、なんとなく東堂も手を重ねた後に
「いやいやいや!なんで俺らまで手を繋がねばならんのだね!?」
「そう言う流れだろ、今のはヨ」
って会話をして欲しいです。
荒東の出来上がってない感じ!好きです!
新今はウザいぐらいが可愛いです。


バレンタインも荒東+新今って感じでやります!
まぁとっくに過ぎていますが^O^;
2月中ならいいかな・・・

2012.01.25
荒東本
ツイッタでは前からうるさく騒いではいたのですが、ブログでは全然話題に出さなかったので唐突に見えるかもしれない荒東です。

荒今



元々は新今の新開さんと、東巻の東堂が仲良くアホやってるのが好きで、相方さんに東巻話をしたら、
それって巻東じゃない?キャンキャン騒ぐ方が受だよねって普通に言われて、凄い納得しました。
そうだ私は巻東だ・・・!(でもやっぱり東巻も好き)って思って、
新+東だし、あとは荒東か・・・って思った瞬間なんか爆発しました。
え?荒東??
男前で不器用で口は悪いけど気持ちは真っ直ぐな荒北さん??と
軟派に見えて気配り上手、いつもは余裕綽々な東堂が荒北さんの前でだけは慌てちゃうんです??
って思ったらなんかもう一気に荒東好きになりました。
そして荒東に無責任にちょっかいを出す、ウサギ組がかわいいです。
荒東がメインの時は、ウサギ組はウザいくらいのラブラブリア充です。
だがそれがいい!


これ2月のオンリで委託の無配でやろうとしてたんで、本文4Pしかない完全自己満だったんですが、
ちょっと私生活も仕事もバタバタしてきたので、印刷会社に出そうと思ったら、
もうちょっと本文増やしたいなーと思ってしまいまして。
そう思ってる間に頼まれ原稿がいくつか入ってしまったので、じゃあ春にでも、と思ったら
春の申し込み締切をうっかり逃してしまいました/(^O^)\
完全に出すタイミングを逃してしまった・・・
その内ネットにでも載せます。


私は前ジャンルまでリバは全然駄目だったのですが、ペダルに来てからリバもおいしくなりました。
完全リバと言うよりは、別次元でのリバって感じなのですが。
御今と今御だったら、御今の時の御堂筋はサドでイケメンで突き放す割には根っこで優しく、今泉は優柔不断で御堂筋にそうだと言われるとそうと思い込んでしまう癖があって、あとなぜか漂う愛人臭www
それが今御だと、御堂筋ィィィ!って御堂筋に必死になってる今泉に、キモい近寄るなと言いつつ楽しがってる御堂筋って感じです。
御今はシリアスで、今御はコメディが好きです。

新東・荒新・鳴今・石御・東巻・真坂辺りは、全部リバでもおいしい。
最近は東堂の事を大好きすぎる東新とか可愛い。
ただ唯一新今だけは、新開さんがあまりにも可愛いので攻めにしておいてあげたいです笑
あと荒今も固定かも。荒北さんは私の中でかなり左寄りです。